そのときの自分の好みで選べるので袴はレンタルがオススメです

花

いまでも失われていない袴を着る機会

明治時代の文明開化期以降、日本人男性が羽織袴を着る機会はめっきり減りましたが、それでも様々な日本的な行事の礼装として、いまでも用いられる機会は失われていません。袴の身近な利用としては、結婚式では新郎が黒紋付袴を身につける場面が思い浮かびますが、ほかにも伝統行事や文化のなかで、しばしば袴の着用が求められる場面がいろいろあります。
たとえば茶道の茶会では、無地かあるいは縞模様の袴を着用するのが一般に正装とされています。能、落語、三味線などの伝統芸能では、紋付袴を着ての披露がされるのが通常の正装となっています。弓道や馬術や居合いなど、武道や競技の場では、着物と袴の着用が求められる機会があります。武道や競技の場で身につける袴は、ズボンのように二股になった野袴という種類です。日本各地で開催されている祭りでも、袴を着る機会が出てきます。大名行列を再現する行事では、大勢の紋付袴でマゲを結った男性が縦列を作って圧巻の光景を見せてくれます。
袴を利用する機会はこうした伝統芸能にかぎらず、たとえば成人式で袴を身に付けることもあります。和装をすると人よりも目立つ効果があるため、袴の姿を選ぶ若者が現れることがあるのです。

CONTENTS

  • 古風な袴VS今風の袴

    ちょっとイラストを描きたいなと思ったので、さっきまで女性用のレンタル袴のサイトへ言っていました。色々とデザインがあってどんな柄を参考にしようか迷いました。大きく分けると、古風なものと今風なものがあるようですね。古風なものは、落ち着いた…

    MORE

  • いまでも失われていない袴を着る機会

    明治時代の文明開化期以降、日本人男性が羽織袴を着る機会はめっきり減りましたが、それでも様々な日本的な行事の礼装として、いまでも用いられる機会は失われていません。袴の身近な利用としては、結婚式では新郎が黒紋付袴を身につける場面が思い浮か…

    MORE

  • 袴のレンタルサービスについて

    日本男児たるもの一生のうち何回かは袴を着る機会はあるはずです。七五三から始まり、成人式、結婚式などの人生の節目のタイミングで使われることが多い着物です。袴を着るかどうかは人にもよるとは思いますが、時代が変わっても袴を着る人は多くいます…

    MORE

TOP