そのときの自分の好みで選べるので袴はレンタルがオススメです

花

古風な袴VS今風の袴

ちょっとイラストを描きたいなと思ったので、さっきまで女性用のレンタル袴のサイトへ言っていました。色々とデザインがあってどんな柄を参考にしようか迷いました。大きく分けると、古風なものと今風なものがあるようですね。古風なものは、落ち着いた雰囲気で伝統を重んじるという感じです。でも、言うほどではなくてはやり袴というからには趣はそのままでカッコイイと思いました。一方で、今風のものはいきすぎるとギャルっぽくなりますね。帯にチェーンが付いていたり、襟元にフリルがついていたり、黒くて透けている手袋がセットだったり。
これを可愛いと捉えるのであれば人気なのでしょうけれど、個人的には好みではありませんでした。それにしても手袋は斬新でしたね!シースルーなのがセクシーです。文化の今と昔の融合っていうのは大いに歓迎なのですが、ちょっとアンマッチな印象を受けます。やるなら柄で今風をアピールするのが可愛いかなと思いますね。また、絵を描く際には足元はブーツの方が良いと思いました。
和洋折衷な感じがたまりません!当時はこんな衣装が普通に着られていたのかと思うとなんだか羨ましいです。帯で苦しいのは嫌ですが、着物や浴衣より袴の方がカッコよくて好きです。

CONTENTS

  • 古風な袴VS今風の袴

    ちょっとイラストを描きたいなと思ったので、さっきまで女性用のレンタル袴のサイトへ言っていました。色々とデザインがあってどんな柄を参考にしようか迷いました。大きく分けると、古風なものと今風なものがあるようですね。古風なものは、落ち着いた…

    MORE

  • いまでも失われていない袴を着る機会

    明治時代の文明開化期以降、日本人男性が羽織袴を着る機会はめっきり減りましたが、それでも様々な日本的な行事の礼装として、いまでも用いられる機会は失われていません。袴の身近な利用としては、結婚式では新郎が黒紋付袴を身につける場面が思い浮か…

    MORE

  • 袴のレンタルサービスについて

    日本男児たるもの一生のうち何回かは袴を着る機会はあるはずです。七五三から始まり、成人式、結婚式などの人生の節目のタイミングで使われることが多い着物です。袴を着るかどうかは人にもよるとは思いますが、時代が変わっても袴を着る人は多くいます…

    MORE

TOP