そのときの自分の好みで選べるので袴はレンタルがオススメです

花

効率よい、女性用袴の生地の選び方について

袴類の着物の生地の事を、一般的に「袴地(はかまじ)」といいますが、この袴地を効率よく選ぶ際には、やはりなるだけ現在の自分が入手を可能な範囲内のものを選んでいくカタチというものが、ベストであると考えらえます。しかし、袴本体の製品の購入やレンタルなどに関しての比較専門サイトなどはありますが、残念ながら記事に関しての同じような比較サイトとかは存在したりしてはいません。このため、袴向きである生地探しなどは、自身で地道にやっていくカタチしか無いようです。
それでも中には、安くて大変質が良い製品とかもあったりしますので、探してみるだけの価値は大いにあります。とくに、女性用の袴の生地選びなどの場合とかには、なるだけ丈夫でかつ柄が華やかで購入価格なども高値ではないものの方が良いので、そうした面を意識しながら探していく必要性がのぞましいといえます。
現在のところ、厚みが約0.28㎜、幅が約70㎝の長さが10㎝分で135円の袴地原反がありますが、これを約7m分購入しても9450円ですので、かなりな低コストなうえに丈夫な生地という利点があり、これなどを利用して自作して好きな設計などを行う事が可能です。このため、設計次第のやり方によってはかなりなオリジナリティ溢れる自分が考えたカタチのものを作れたりしますので、一度は購入をしたりしてみる価値はあります。

CONTENTS

  • 古風な袴VS今風の袴

    ちょっとイラストを描きたいなと思ったので、さっきまで女性用のレンタル袴のサイトへ言っていました。色々とデザインがあってどんな柄を参考にしようか迷いました。大きく分けると、古風なものと今風なものがあるようですね。古風なものは、落ち着いた…

    MORE

  • いまでも失われていない袴を着る機会

    明治時代の文明開化期以降、日本人男性が羽織袴を着る機会はめっきり減りましたが、それでも様々な日本的な行事の礼装として、いまでも用いられる機会は失われていません。袴の身近な利用としては、結婚式では新郎が黒紋付袴を身につける場面が思い浮か…

    MORE

  • 袴のレンタルサービスについて

    日本男児たるもの一生のうち何回かは袴を着る機会はあるはずです。七五三から始まり、成人式、結婚式などの人生の節目のタイミングで使われることが多い着物です。袴を着るかどうかは人にもよるとは思いますが、時代が変わっても袴を着る人は多くいます…

    MORE

TOP